結婚式のエンドロールの製作を依頼したい

結婚式を予定しているカップルの方は、感動的なエンドロールの製作を依頼したいと考えている方が増えています。信頼できる専門業者を選ぶようにすると、迅速で丁寧な応対なので安心することができます。使用したい写真や音楽を事前に準備をしておくようにして下さい。写真は紙でもデータでも良いです。どんな映像のものを作りたいか希望を伝えるために、専門業者と納得が行くまで打ち合わせをすることが大事です。大体のイメージを決めることが出来たら、校正をしてもらうことができます。費用が明瞭でわかりやすい専門業者を選ぶと失敗が少ないです。素敵な作品を製作することで、感動的な挙式にすることが出来ますし、一生の記念にすることが出来ます。インターネットを利用すると数多くの専門業者が存在しているので、評判が高く信頼できるお店を選ぶようにして下さい。

結婚式でのエンドロール

自分が結婚をした時、結婚式ではいくつかのイベント事を行いました。スクリーンに映像を映し出すようなことを2回ほど行いました。1回目は自分と嫁、それぞれの過去の写真を音楽にのせてスクリーンに表示しました。2回目にスクリーンに映像を映したのは最後の最後でした。結婚式に来ていただいた人の名前を結婚式当日の映像などと一緒にエンドロールとして流し、また音楽をのせて表示しました。自分達も最後の映像はまさか今の今までの結婚式の映像とは思っていませんでした。ただ、式場側からは最後に流す音楽だけ用意してくださいと言われていたので、映像の内容まではなにも知りませんでした。しかし、感動はさらに増す感じだったので、良い演出をしていただいたと思いました。ただ、エンドロールに流した来ていただいた人の名前は自分でワードで打ったのをUSBメモリーに保存したのを式場側に渡したものでした。

映画で流れるエンドロールを観るのが楽しい

最近の日本映画、元気ですよね。ヒット作も多くて、DVDを借りて観るにしても、映画館で観るにしても、面白くて大好きです。そんな私がひそかに楽しみにしているのが、エンドロールです。いつも最後のほうに流れるスタッフ名やキャストが書かれたスクロールのようなものです。あれで出演者やスタッフをじっくり見て、映画の中で見逃していたキャストを思い出すというのが、ひそかな私の楽しみなんです。エンドロール中に映画館では席を立ってしまう人たちも多いのですが、私に言わせれば、もったいない!絶対に最後まで観て余韻を楽しんでほしいです。また映画によっては、最後の最後にワンカット、何か映画の続きが入るサプライズがある映画もあるので、最後まで気が抜けません。またエンディングのミュージックも聴いていると映画の世界を最後まで満喫できます。